ベイヒバってどんな木?

お問い合わせはコチラ

米ひばとは青森ヒバの効能の持ったカナダ・アラスカ産檜です👆

 社寺建築材として注目を浴びてきた米ヒバ(Yellow Cypress) (Yellow cedar) (Alaska Yellow cedar)は、南部アラスカからカナダのブリティッシュ・コロンビア州の海岸地方一帯、アメリカのワシントン州の海岸近くから海抜約900mの標高の高い土地に分布している樹木です。

 

 寒い地域(-10℃以下)の木は含水率(「木」自体の水分量)が高いと水分が凍り膨張時に木が裂ける為、元々含水率が低く、軽いのが特徴です。                                                    

 

 淡黄褐色の赤身がアラスカは白っぽく、カナダは黄色っぽいのが特徴で、特徴が青森ヒバに似ているので "米ヒバ" と呼んでいますが、ヒバの類ではなく ひのき科の木材です。

 

 硬さも中間ぐらいで国産檜(ひのき)の赤身部分と同じぐらいで加工し易いので、社寺材でよく使われます。                     

 

 米ヒバは、低毒性のヒノキチオール(不飽和七員環化合物)が含まれているため、耐腐朽性に優れ白蟻にも抵抗力を持っています。 


従来より使われ続けてきた神社仏閣材!!

 辺材(一番水分量が多い外側の白身の部分)は白色に近く、芯材(辺材の内側の赤身と呼ばれる部分)は淡黄色で材質は軽く、肌目が細かく弾力があります。

 

  仕上がり面も綺麗で、加工性や材の安定性、腐朽性(赤身のみ)に優れていることから、庫裡・本殿・神楽殿・鐘楼・方丈・客殿・東司・講堂・欄干・広縁・納骨堂・門塀・鳥居・看板まで、何にでも用いることのできる用材です。

 

 全国でも様々な現場で使って頂きましたが、有名な所ですと香川県金刀比羅宮や、遷宮をした島根県出雲大社などでも弊社の米ヒバを使って頂いております。



一般建築材としての米ヒバ活用!!

 従来社寺での使用が主流でしたが近年弊社の調査・研究の結果、米ヒバは日本の気候風土に適合し、時代の要求に応えうる高級住宅用材として最適であると確信しました。

 

  過去には、一般住宅建築では、土台・柱・建具のみでしたが現在では、構造材・屋根材・床材・壁材・ウッドデッキ材・門塀材・浴室材・家具・下駄箱・和室材・欄間材と、幅広く使って頂いている実績があります。



ダウンロード
PDF ヒバ油の成分及び性質_2_.pdf
PDFファイル 809.9 KB

次は『木材の選び方』
家電のように簡単に取り換える事の出来ない木材を、他の樹種と比較して、強度・用途・扱い方等、解りやすく解説し、核心部分にも触れていきます。

 


荒加工の4面モルダー加工を別途有料にて承っております