グレードのご紹介

お問い合わせはコチラ


弊社では見積りの際、無節・上小・小節・一等白太なし・一等の5つの分類にてお伺いしております。
 米ヒバの節は、まれに生節がありますが、国産材のように枝打ちをしないので基本的死節になります。
 ですから、25mm以下の厚みの板等、などが加工によって7割以上高確率思われます。
30mm厚以上であれば、ほとんど抜けません)
木は1本1本違うので、全く同じ木味色味木目調などはございません。
 天然木の細かな違いをお楽しみいただければ幸いです。

【節が入らないもの】(芯去り材)


ベイヒバ無地材
ベイヒバ無地材

無節 Aランク  (AD材)含水率20%以下           
節がまったく無い物です。
※用途や使用箇所によって、化粧面が1234面 と化粧面の数によって単価が異なります。

和室建具 一般住宅の造作材・神社・お風呂カウンターまな板・等で使われます。】
また若干の色・カスリ入る事もあります。


【小さな節を含むもの】 化粧材(芯去り材)


ベイヒバ上小
ベイヒバ上小

節の大きさは製品のサイズによっても異なる為、必ずしも下記の通りではありません。

節の大きさや数等、4種に分類しております。

上小 Bランク  (上小無地・AD材) 

  含水率20%以下  

1cm以下程の節が、2mに1個ぐらいの割合のイメージです。
 【社寺造作材・マンション造作材などで使われます。

 

若干の色・カスリが入る事があります。

 

また一般住宅では、門材押入れ納戸脱衣場化粧室子供部屋二階造作などでもよく使われます。



【節が入るもの】 (芯去り材)


ベイヒバ小節
ベイヒバ小節

小節  Cランク(上小小節・Green材) 

  含水率25%前後      

3cm以下の節が1m間隔に1個ぐらいの割合、1cm以下の節が複数点在しているイメージです。

薄いブルーが入る事があります。

塗装処理を施す塀の材料破風板等の屋根の化粧材として使われます。
(枚数が多い製品は小節ばかり揃わない為上小~小節)
変わった所ですと、神社の鳥居材や、埋め木処理を施すお寺の材木等でも使って頂けます。


【節が入るもの】 (並材芯持ち・芯去り材込み)


ベイヒバ一等白太なし
ベイヒバ一等白太なし
一等白太なし   Dランク  (Green材)
  含水率25%前後
節の程度は一等と同じで白太のみ外したもの。(赤身)
【主に安価なデッキを造る、濃いキシラデコール等で塗装するなど、納戸等見えない場所での使用等・船舶等・車両荷台等。】
ほとんどの樹種において、白太は雨等当たる場所では腐りやすい為、デッキ等屋外での使用にはお勧めできません。
赤身のみお薦め致します。
米ヒバは元々、白太が少ないのでその点でも外部に向いていると言えます。


【節が入るもの】 (並材芯持ち・芯去り材込み)


ベイヒバ一等材
ベイヒバ一等材

一等材  Eランク (Green材)

  含水率25%前後

強度的に全く問題ない程度で大小たくさんの節があり、白太等も混入有り。

【主に住宅の主要構造材に使われます,土台桁・梁等また屋根材・材・材等羽柄。】

 

棟・桁・梁などは強度を出す為芯持ち材

 

柱は曲がって鴨居が下がり戸が開かなくなったり、壁が割れて壁から雨漏りするのを防ぐ芯去り材

 

AD材は上小や無地のみで、一等や小節はGreen材(生材)になります(含水率約25%~30%前後)




ダウンロード
米ヒバ用途・比重についてはこちら👆
米ヒバ用途・比重.pdf
PDFファイル 109.3 KB
ダウンロード
単位についてわからない事があればこちら👆
単位一覧表.pdf
PDFファイル 70.7 KB
運賃表