木材の選び方

お問い合わせはコチラ

・木材の選び方

 木材には、グレード(等級)があります。 

 節が少なく希少価値の高いものは、グレードが高く、価格も高くなります。 

 

 その他、芯を含むもの含まないもの【芯持芯去「芯持は桁梁などの構造材に」】、板を製材したときに現れる木目模様が山形や筍状に見えるもの(板目)、木目が平行に並んでいる高価なもの(柾目)など木材には様々な種類がありグレードが変わってきます。

山形模様の板目

山形模様の

板目

平行な直線模様の柾目

平行な直線模様の柾目


 用途やお好みに合わせた木材をお選び頂くため、弊社はお見積の際、メール等で詳しい打ち合わせを心がけております。お見積もりは無料ですのでお気軽にご相談ください。

 (ご希望により電話対応も致します

お見積もりは荒寸(未加工寸法)にて致します

 

 柔らかい木は加工しやすく(滑りもいい)、ささくれも少なく乾燥すると軽くなりますが、傷が付きやすいのが特徴です。【杉・銀杏(イチョウ)・桐(キリ)・クロマツなど】

 

 硬い木は加工しにくく(滑りにくい)、素針が立ち易く乾燥材でも重たいですが、傷や衝撃に強いのが特徴です。【ウリン・イぺ・アピトン・欅(ケヤキ)・樫(カシ)・ナラ・タモ・栗など】


 ヒノキ科の米ヒバは、国産ヒノキと同じで中間よりやや硬めですが加工しやすいです。

 

 更に、国産材と違い最初から含水率(「立ち木」自体に含まれる水分量)が低いので生材でも軽く扱い易い為、特に社寺などの彫刻材に定番として扱われます。


・天然乾燥材(AD)*Air Dry

 KD材は機械にて強制乾燥させるので建築後に狂い・歪み・縮みが起こりにくくなりますが、一気に強度をMaxにもっていくので年数に比例して強度が低下していき、乾燥のプロセス(温度・方式等)によっては木の繊維が断裂を起こす為、稀に折れる事もあります(高温乾燥)。

 

 その為当社では、Green材”生材”(含水率25~30%前後)AD材(Air Dry)”天然乾燥”(含水率20%以下)のみで、KD材(Kiln Dry Wood)”人工強制乾燥”(含水率9~13%以下)は取り扱っておりません。
 

 AD材は狂い・歪み・縮みの確立をゼロに出来ませんが、一番強度や寿命を高める事が出来ます。

 

 昔の家に隙間が出来るのは、生材で建築していたからですが、現代と違い、建て始めて完成するまで今の何倍も時間が掛かる為(1年ぐらいはザラ)、モノによっては半乾燥ぐらいになっていたとも言われています。

 
 【通常3年~5年(5寸盤上)、大きなサイズになると8年~10年(尺盤等)は、倉庫にて乾燥させます。】
 ※赤身のみで桧の含水率が約42%、杉の含水率が約130%。
 
 杉など多いと180%(白太混入)の場合もあり、また松も杉ほどではありませんが桧より高い45~80%との検査結果が出ています。

 削り代は最低でも5mm(薄い板類”12~21”の厚みは4mm)見て下さい(それ以下の削り代では保障致しません)。
 また製材機の構造上12mm未満の寸法は製材出来ません。
木の中心部分からくる芯割れ

木の中心、芯からくる芯割れ

長さを切った切り口にできる小口割れ

木の長さを切ったときの切り口(小口)にできる

小口割れ



※危険 ウッドデッキ・浴室スノコ・浴槽についての注意事項

 米ヒバは、檜科なので、檜と同じようにタワシやブラシで擦ると摩擦で表面が毛羽立ち、濡れると滑り易くなる為、かなり転倒しやすくなります👆

 

 ですからメンテナンスにブラシ等を使用するのはご遠慮ください。

 

 フローリングと同じように濡れ雑巾等のご使用をお勧め致します

 

 いちど毛羽(ケバ)だった木はなかなか元通りにはなりません。

 

 もし修繕をご希望であれば、方法としては檜(ひのき)同様、鉋(かんな)のような刃物で削り直し、その上からコーティングするのがベストでしょう。

 

 木材本来の香りや風合いを楽しむのであればコーティングは出来ないので毛羽だった箇所だけでなく、全体を均等に削って下さい。


ダウンロード
DIYなど、家具に使いたい塗料についてはコチラ👆
DIYなど.pdf
PDFファイル 95.4 KB